[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Amazon SNS と SES の違い | メール送信機能差]

Amazon SNS と SES の違い | メール送信機能差


このページではAmazon SNS(Simple Notification Service)とAmazon SES(Simple Email Service)の機能の違いや使い分けに関して説明します。

比較は以下の表の通りとなります。

比較表Amazon SNSAmazon SES
ひとことで言うと事前登録者へのメールその他の通知。大量宛先への効率良いメール送信
概要複数チャネルで発行者/サブスクライバー間の通知を行う。チャネルはEMail,SMS,モバイルアプリへのPUSH,Web メソッド,Amazon SQSなど。
事前に受信者側から登録(Subscribe)する必要あり。送信側が特定ユーザを指定して特定のメールを送信するようなやり方には向いていない。
CloudWatchのアラートと連携など運用系の通知で活躍する。
大量のEMailを効率的に送信するのが主な目的。
受信者の事前の同意は不要。
マルチメディアファイルの添付が可能。


AWS側にスパム行為と判断された場合は停止させられる。受信メールも課金されるなど注意。事前にテストが必要。
使用例EC2インスタンス障害時に運用担当への通知、スマホアプリへの通知など一般ユーザへのメルマガ、キャンペーンメールなどの送信
正式名称Amazon Simple Notification ServiceAmazon Simple Email Service

(*) Amazon WorkMailはユーザ向けWebメールサービス。Office365や Google Appのような位置づけ。

関連リンク:
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは
Amazon EBS-BackedとInstance Store-Backedの違い
シングルAZ と マルチAZ の違いに関して
AWS のストレージサービスの違いに関して | EFS,EBS,S3,Amazon Glacier
AWSにおける リージョン、AZ、エッジの違い
AZ、リージョン、グローバルサービスの違い
Amazon Linux と CentOS の違い | 大きなメリットとデメリットを理解する
Amazon Provided DNS と Route 53の違い




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。