[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Amazon Provided DNS と Route 53の違い]

Amazon Provided DNS と Route 53の違い


このページでは Amazon Provided DNSとRoute53の違いに関して説明します。

比較は以下の表の通りとなります。

比較表Amazon Provided DNSRoute53
概要・VPC ごとに自動で起動される AWS側提供のDNSサーバ。
・VPC のネットワークアドレス +2 の IPアドレスを持つ。
・AWSで自動で付けられる名前の解決を行う。
・インターネット上のホストの名前解決を行う。(条件あり)


・AWS 提供の DNS 機能。
Public ・・・インターネットからのアクセス用。別途レジストラに登録が必要。
Private・・・特定のVPC用。

関連リンク:
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは
Amazon EBS-BackedとInstance Store-Backedの違い
シングルAZ と マルチAZ の違いに関して
AWS のストレージサービスの違いに関して | EFS,EBS,S3,Amazon Glacier
AWSにおける リージョン、AZ、エッジの違い
AZ、リージョン、グローバルサービスの違い
Amazon SNS と SES の違い | メール送信機能差
Amazon Linux と CentOS の違い | 大きなメリットとデメリットを理解する




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。