[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Redshift、DynamoDB、RDS、ElasticCacheの違い]

Redshift、DynamoDB、RDS、ElasticCacheの違い


AWS におけるデータベースサービスであるRedshift、DynamoDB、RDS、ElasticCacheに関して違いを比較表にまとめました。

(注意)一部確認中です。

比較は以下の表の通りとなります。

説明Amazon RedshiftDynamoDBAmazon RDSElasticCache
概要・データウェアハウスタイプ
・スケーラブル
・高パフォーマンス

・OLAP(複雑で分析的な問い合わせに回答)
・顧客分類と売り上げの関係など
・NoSQL データベースサービス。
・write直後のreadでは整合性が取れない場合あり。「強い整合性」オプションを指定すると性能が落ちる。(どちらかを選ぶ)
・レコードのサイズに上限あり
・リージョンサービスでありプライベートネットワークからはNAT経由でアクセスする必要あり。
・データサイズの上限は400KB。
・RDS。インスタンスでありVPCの中に設置することが可能。
・なじみのMySQL、Oracle、Microsoft SQL Server、PostgreSQL、MariaDB、Amazon Auroraをサポート。現行のツールがそのまま使えるため、オンプレからの移行に。
・データベースソフトウェアのパッチは自動パッチが可能。停止する場合があるがマルチSZ配置にすれば影響は少ない。
・メモリーキャッシュタイプ
以下のエンジンから選択が可能。
・Memcached:Key-Value Store形式のメインメモリキャッシュ。マルチノートのキャッシュクラスタ。

・Redis:Memcached:Key-Value Store形式のメインメモリキャッシュ。

・AZサービス
レベルAZ サービスリージョンサービスAZ サービス(VPC内に配置)AZ サービス(VPC内に配置)
可用性<確認中>データを自動で3つのデータセンターへ複製するため、ユーザは考慮が不要。
・スタンバイRDSは異なるAZに配置する。方式はDBごとに異なる。フェイルオーバ時はCNAMEが自動的にスタンバイ側に切り替わる。

<確認中>
バックアップ--自動でスナップショットを取得(多少性能が落ちる。スケジュールを変更したり取得しない設定に変更することも可能)

-
自動拡張×・ストレージ容量が自動で拡張。
<確認中>-
性能<確認中>・スループットの指定が可能。
・SSD
以下のオプションあり。
・General Purpose SSD
・Provisioned IOPS SSD
・Magnetic


-
セキュリティ<確認中>・IAMロールをEC2インスタンスに割り当てることによりアクセス制御が可能。
・リージョンサービスであるためセキュリティグループでは制御できずIAMで制御する。
EC2インスタンスのようにVPCの中に設置すればセキュリティグループとルーティングルールで制御が可能。
EC2インスタンスのようにVPCの中に設置すればセキュリティグループとルーティングルールで制御が可能。

関連リンク:
AWS RDS における特別オプションの違いに関して




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。