[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [AWSにおける リージョン、AZ、エッジの違い]

AWSにおける リージョン、AZ、エッジの違い


AWSのよく使われる用語である「リージョン」「AZ」「エッジ」に関する違いを説明します。オンプレミスからAWSに移行する場合にまずこれらを理解することが重要となります。どこのリージョンをベースに構築するか、どのようなAZに分散するかの検討が重要です。また世界中のユーザに対応するシステムならエッジロケーション上で動作するAWS機能の活用も必須となります。
「AWS = クラウド =雲の上」ですが性能、可用性、被災対策などでは物理的な場所を意識することが大事です。(ただし具体的なデータセンターの住所は非公開になっています。セキュリティ上の理由と思われます。)

比較は以下の表の通りとなります。

説明リージョン(Region)AZ(アベイラビリティーゾーン、Availability Zone)エッジ(Edge)
一言で言うと地域のこと
地域内のデータセンターのこと
リージョンやAZとは全く別のデータセンター
概要リージョンサービス向け
AZサービス向け
グローバルサービス向け
Route 53、CloudFront
主な設計要素ベースとなる地域を指定する(日本では2019年3月現在で東京及び大阪)。データを海外に持ち出したくない場合など。またリージョンにより提供されるサービスや金額が異なる場合もあるので注意が必要。

東京リージョン、大阪ローカルリージョンなど。あるいは海外のリージョン。【2019/3/20修正】
システムの拠点として設計する。二つ以上のAZ でシステムを設計することにより被災対策となる。

AZより多い場所にある。世界中に分散することによりどのよう場所からでもアクセスのスピードを速くする設計で検討する。

関連リンク:
AZ、リージョン、グローバルサービスの違い
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは
Amazon EBS-BackedとInstance Store-Backedの違い
シングルAZ と マルチAZ の違いに関して
AWS のストレージサービスの違いに関して | EFS,EBS,S3,Amazon Glacier
Amazon SNS と SES の違い | メール送信機能差
Amazon Linux と CentOS の違い | 大きなメリットとデメリットを理解する
Amazon Provided DNS と Route 53の違い



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。