[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Amazon Linux と CentOS の違い | 大きなメリットとデメリットを理解する]

Amazon Linux と CentOS の違い | 大きなメリットとデメリットを理解する


Amazon Linux とは RedHat ベースのディストリビューションです。以下の特徴があります。
・Amazon がサポート。
・Amazon の yum を使用。
・「Amazon Linux AMI Security Center」で Amazon Linux に対する脆弱性の対応を確認することが可能。
・SeLinux がデフォルトで無効化。
・ユーザ名が root ではなく EC2-user。
・CentOSと同じく原則は無料。RedHATのAMIは使用量にライセンス料金が含まれている模様。


比較は以下の表の通りとなります。

比較表メリットデメリット
Amazon Linux・AWSに相性がよく、EC2として高性能でセキュアで安定している。
・AWS CLI (Command Line Interface)環境や cloud-init など AWS関連のツールが事前にインストールされている。
・RedHat、CentOS用のパッケージが使用できない可能性がある。Amazon Linux のレポジトリと競合する可能性あり。
・パッケージの更新が RedHAT、CentOSより遅れる場合あり。
・コミュニティでの情報は少なめ。
結論明確に使用したい RedHAT、CentOS用のパッケージがある場合はCentOS、RedHat を使用すべき。またエンタープライスサポートが必要な場合はRedHat でもよい。それ以外では Amazon Linuxを採用してもよい。

-

AWS なので Amazon Linux は EOSがないと勘違いされる場合あります。ハードウェアのEOSを利用者は意識する必要はないですが、Amazon Linux などソフトウェアのEOSはあるのでアップデートの検討が必要です。

AWS の Active Directory関連のサービスである AD Connector や Simple AD は Amazon Linux が使われているようです。


Amazon Linux は RedHat 6がベース。
AMazon Linux 2は RedHat 7がベースとなります。

関連リンク:
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは
Amazon EBS-BackedとInstance Store-Backedの違い
シングルAZ と マルチAZ の違いに関して
AWS のストレージサービスの違いに関して | EFS,EBS,S3,Amazon Glacier
AWSにおける リージョン、AZ、エッジの違い
AZ、リージョン、グローバルサービスの違い
Amazon SNS と SES の違い | メール送信機能差
Amazon Provided DNS と Route 53の違い



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。