[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:S3

リージョン間コピーで差分コピーにならない原因





リージョン間コピーで差分コピーを行う


AWS における S3(Simple Storage Service)のリージョン間コピーの話です。同じボリュームから生成したスナップショットやAMi (Amazon Machine Image) をリージョン間コピーする場合、スナップショットの差分コピーを行うと効率よくコピーすることが可能となります。

差分コピーを行う場合はコピー先のリージョンにおいて前回コピーしたスナップショットあるいはAMIを保存しておく必要があります。もし削除してしまうと差分コピーとならず毎回フルコピーとなってしまうようです。その点に注意してください。


転送が遅くなるケース


上記のようにリージョン間コピーが毎回フルコピーになっている場合は速度がかなり遅くなるようです。
基本的にはリージョン間コピーは効率よく行われます。1TBのスナップショットでも1TBすべて転送される訳ではありません。使用されている部分のみ転送されます。ただし使用領域が1TB内で分散している場合は効率よく転送されないようです。

中身がほとんど無いEBSでも長年使い続けたEBSではフルコピーに多くの時間がかかる可能性があるようです。(2020年経験) 今後改善される可能性はあります。

参考:
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは

【超重要】本ページは2020/08/17に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。