[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [復元、再構築、移行、リストア、リビルトの違い | AWS WorkSpace DaaS]

復元、再構築、移行、リストア、リビルトの違い | AWS WorkSpace DaaS

作成日:2020/01/29

このページでは AWS の DaaSサービスである WorkSpaceの障害時の復旧手段である復元、再構築、移行の違いに関して説明します。

WorkSpace は12時間ごとに自動でスナップショットが取得されます。これを利用しています。

・復元(リストア)はスナップショットより復元します。
・リビルドはユーザボリュームはスナップショットから取得しますが、システムはバンドルからリストアします。
・移行とはユーザボリュームをそのままで他のバンドルへ移行することです。

比較は以下の表の通りとなります。

比較表復元再構築移行リストアリビルド
概要おそらく「アクション」→「リストア」と同じ。どちらも12時間前のスナップショットが候補に表示されるため。おそらく「アクション」→「リストア」と同じ。
12時間前のスナップショットからユーザボリュームをリストア。システムボリュームはバンドルから生成される。よって初期から追加されたソフトウェアや変更した設定はすべてクリアされる。
ユーザボリュームはそのままで他のバンドルへ移行すること。恐らく「復元」と同じ動作。恐らく「再構築」と同じ動作。
どのような場合に利用原因不明で動かなくなった場合など原因不明で動かなく、リストア(復元)でも復帰できない場合など
・ユーザボリュームをそのままで新システムへ移行したい場合など--
AWSの説明文WorkSpace のルートボリュームとユーザーボリュームを、WorkSpace が前回正常と認識された時点のスナップショットからリストアします。リストアの処理中、スナップショット時間よりも後に WorkSpace に対して行われたすべての変更が削除されます。バンドルから WorkSpace のルートボリュームをリビルドし、最新のスナップショットからユーザーボリュームを再作成します。バンドルの一部ではないユーザーがインストールしたアプリケーションを削除します。変更されたストレージを含むカスタムバンドルから起動された場合、リビルドされた WorkSpace についての請求が増える場合がありますWorkSpace の移行が失敗した場合、WorkSpace は自動的に移行前の状態にロールバックされます。--





AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。