[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Storage Gateway における"cached volumes"と"stored volumes"の違い]

Storage Gateway における"cached volumes"と"stored volumes"の違い


このページでは Storage Gateway機能における構成の違いに関して説明します。 Storage Gatewayとはオンプレミス環境からAWS 上のストレージサービスを使用する機能です。

AWS ストレージ ゲートウェイ使用時の構成の違い

(*)Localとは「Storage Gateway VM」に直接接続されたローカルストレージあるいはSAN。

比較は以下の表の通りとなります。

説明gateway cached volumesgateway stored volumes
概要ローカル に頻繁に使用されるデータをキャッシュする。その他はS3/EBS/Glacierストレージに保存する。

ローカルにすべてのデータをキャッシュし、一定周期でS3/EBS/Glacierストレージ にスナップショットを保存する。
メリット頻繁に使用するデータへの遅延が少ない。
すべてのデータへの遅延が少ない。
日本語名キャッシュ型ボリューム保管型ボリューム





AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。