[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [StatusCheckFailed_System, StatusCheckFailed_Instance ,StatusCheckFailedの違い]

StatusCheckFailed_System, StatusCheckFailed_Instance ,StatusCheckFailedの違い


AWS CloudWatch の標準メトリックであるStatusCheckFailed_System, StatusCheckFailed_Instance の違いに関して説明します。場合によってはPING 監視の代替とすることも可能です。

CloudWatchにおけるStatusCheckFailed


比較は以下の表の通りとなります。

比較表StatusCheckFailed_SystemStatusCheckFailed_InstanceStatusCheckFailed
概要物理ホストで問題が発生
AWS側の問題であり、利用者側の問題でない可能性が高い。
ただしEC2インスタンスを利用者がシャットダウンした場合は発生する。
インスタンスのシステム的な問題。
(ネットワークの設定誤り、ソフトウェアの設定誤り、メモリ不足、ファイルシステムの破損、カーネルの問題)
利用者側の問題であり、AWS側の問題でない可能性が高い。
StatusCheckFailed あるいは StatusCheckFailed_Instance
のどちらかで問題が発生した場合にカウントされる。通常は両方のメトリックを監視するので、このメトリックだけを監視すればよい。

例:・AWS側 でネットワーク障害や電源障害などが発生した。
・インスタンスが停止している。

例:Windows では ipconfig /release で IPアドレスを解放するとこのアラートが発生する。
OSを再起動するとIPが DHCP サーバより再度アサインされるので復帰される。
(この手の実験するときは十分に注意してください。スナップショットを取得してから実験するのが確実です。疑似障害はAWS 管理コンソールから再起動して復帰できる範囲が必要です。ネットワークの設定を変更して再起動でももとに戻らない場合はリモートデスクトップやcliからも修正できなくなり
元に戻らない可能性があります。)
-




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。