[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [MapReduce、Hadoop、EMRの違いを比較表で説明]

MapReduce、Hadoop、EMRの違いを比較表で説明


このページは巨大な分散コンピューティングモデルに関するMapReduce、Hadoop、EMRの違いに関して説明します。

比較は以下の表の通りとなります。

比較表MapReduceHadoopEMR(Amazon Elastic MapReduce)
概要分散コンピューティングのモデル。巨大データを処理。
大規模データの処理ソフトウェアフレームワーク。オープンソース。
AWS のHadoop などのサービス。
特徴Google が検索エンジンで利用している巨大データ処理方法を論文で発表。このモデル名が「MapReduce」。
「MapReduce」を元に独自の機能を加えつつソフトウェア化したもの。
Hadoop フレームワークを提供。その他Apache Spark など。Hadoop環境の構築は一般的に難しく時間がかかるが、このサービスにより構築コスト、期間を大幅減可能。





AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。