[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [AWS CLI と AWS Tools for Windows Powershellの違い]

AWS CLI と AWS Tools for Windows Powershellの違い


このページでは"コマンドラインインターフェースによるAWS 操作ツールである CLI" と "AWS の Powershell版"の違いに関して説明します。

どちらもコマンドラインから AWS の API をコールする機能です。ロールをアタッチしたインスタンス、あるいはアクセスキーを設定した機器から運用シェルを自動実行する場合などに使用します。
比較は以下の表の通りとなります。

比較表AWS Command Line Interface (CLI)AWS Tools for Windows Powershell
概要aws という一つのコマンドで多くの AWS サービスの操作が可能。Windows, Linux,Mac などで書式に互換性があるため、結果としてスクリプトにも互換性がある。

Power Shell インターフェイス内で多くの AWS サービスの操作が可能。強力なWindows シェル環境で使用することができる。
メリット多くのプラットフォームでコードを共有する場合はPowershell ではなくこちらが便利。Powershell は原則Windows のみ。
・戻り値がオブジェクト形式であるため、パイプ処理など処理が容易で応用が利く。
・PowerSHell の ISEが使える。
・AWSコマンドの補完機能が使用できる。
・try〜catch で例外処理が可能。
デメリット・戻り値はテキストやJSON形式であるため、別途整形して処理する必要あり。
・try〜catch で例外処理することができない。
使用可能なのが Windows のみ。
Windows 版のダウンロードページ

Get-AWSCmdletName -AwsCliCommand でAPIよりコマンドレットを確認することが可能。

関連リンク:
AWS サービスのアクセス方法の違い |コンソール、CLI、SDK、ロール
"AWS Tools for PowerShell" と "AWS Command Line Interface" の違い



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。