[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [API Gateway と Lambda の違いとは]

API Gateway と Lambda の違いとは


このページでは、API Gateway と Lambda の違いに関して説明します。

これらは競合する機能ではなく組み合わせて使用すると便利です。REST システムを低コスト、短期間で構築するのに適しています。
Lambda でコードを記述して、API Gateway のエンドポイント経由でアクセスします。Lambda は基本はS3へのファイルアップロード、Dynamo DBのテーブル更新などの AWS 内のリソース関連をトリガーとして稼働しますがHTTPS経由で外部から関数を直接コールすることはできないため、API Gateway と連携することにより実現します。

AWSのこれらのサービスがない場合は、OSを構築してWebサーバを構築してWeb上で動くミドルウェアで関数を処理する必要がありました。運用フェーズではパッチの適用やハードウェアのメンテナンスも必要となりました。しかし API Gateway + Lambda により開発者はコード開発のみに集中できるようになりました。

比較は以下の表の通りとなります。

比較表API GatewayLambda
概要APIのEnd Pointを作成するコードを記述する
コードの記述なし
可能(Lambda関数)
特徴外部からAPIへ https とmethod (GET,PUT,POST,DELETE,HEAD,OPTIONS,PATCHなど)でアクセスすることが可能となる。
サーバレス(サーバ基盤の構築不要)で関数を定義、実行することが可能となる。
主なメリット・APIを簡単に作成。コードはLambda、EC2、Webアプリケーションなど。
・トラフィック監視、認証、アクセスコントロール、モニタリング、バージョン管理などが可能。
OS基盤を構築や管理することなく(サーバレス)関数の実行が可能。





AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。