[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:リージョン

ap-northeast-1リージョンの AZのである ap-northeast-1a、ap-northeast-1bなどの場所はどこですか





疑問


ap-northeast-1リージョンの AZ(Availability Zone) の一つである ap-northeast-1a、ap-northeast-1b、ap-northeast-1c、ap-northeast-1dなどはどこにありますか


答え


AZの場所は非公開です。
またAWS アカウントAにとっての ap-northeast-1a は他のAWSアカウントBの ap-northeast-1a とは場所的に異なる可能性があります。
なぜならユーザがインスタンスを設置する場合デフォルトのap-northeast-1aに設置する場合が多いため、ap-northeast-1aにインスタンスが集中しているためです。
よってAWSアカウントap-northeast-1aに設置したインスタンスはのBのap-northeast-1cに設置したインスタンスと同じAZに設定されている可能性があります。このインスタンス間のコピーが高速になったりネットワーク通信が課金されない場合は同じAZに設置された可能性が高いでしょう。

AZ はアカウントごとに分散される



(*)ap-northeast-1b は特別なAZと特定のアカウントしか使用できません。また制限があります。


https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/using-regions-availability-zones.html


アベイラビリティーゾーンは、リージョンコードとそれに続く文字識別子によって表されます (us-east-1a など)。リソースがリージョンの複数のアベイラビリティーゾーンに分散されるようにするため、アベイラビリティーゾーンは各アカウントの識別子に個別にマップされます。たとえば、あるアカウントのアベイラビリティーゾーン us-east-1a は別のアカウントのアベイラビリティーゾーン us-east-1a と同じ場所にはない可能性があります。ユーザーがアカウント間でアベイラビリティーゾーンを調整する手段はありません。

【超重要】本ページは2018/07/10に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。