[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:インスタンス

うっかりEC2を削除するのを防止する





疑問


EC2は管理コンソールから削除することが可能です。一度削除したら元に戻りません(最新のスナップショットなどがない限り)。undelete もおそらくできないでしょう、
EC2インスタンス実行中でも消せてしまいます。(「実行中なので削除できません」というような警告は表示されないようです)
よってオペレーションミスから守る必要があります。どのように守るのでしょうか。

答え


削除保護機能があります。この機能を有効にすると、うっかりメニューから削除しようとしても禁止してくれます

削除保護の設定



もしこの機能が有効な場合、EC2インスタンスを削除しようとすると以下の警告が表示され削除はキャンセルされます。

インスタンスの削除失敗



参考:
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/terminating-instances.html#Using_ChangingDisableAPITermination
Amazon EC2 を使用してインスタンスを誤って終了できないようにするには、インスタンスの削除保護を有効にできます。DisableApiTermination 属性は、インスタンスがコンソール、CLI、または API を使用して終了できるかどうかを制御します。デフォルトでは、インスタンスの削除保護は無効になっています。インスタンスが実行中またはインスタンスが停止中に、インスタンスを起動する際に、この属性の値を設定できます (Amazon EBS-backed インスタンスの場合)。


【超重要】本ページは2019/08/03に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。