[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:Route53

ELBのDNS名を alias レコードで登録する理由





疑問


ELBのDNS名を登録する場合、 cname ではなく alias レコードで定義する理由は何か。alias は Route 53 の仕様で一般的な DNS の仕様ではない。

答え


NS レコードでZone Apex登録される必要があります。

(*)Apexとは頂点という意味です。ドメイン名では example.comやexample.co.jpなどです。www.example.com や abcde.fghij.example.comは Apexではありません。

example.com NS xyz.com

しかしNSレコードで指定したドメインはCNAMEで指定できません。よってELBのDNS名はZone APexに指定できません。

さらにELBのDNS名をAレコードでは指定することは推奨できません。なぜならIPが変更になったり増減するからです。

よってこのような問題を解決するために Route 53の拡張仕様として alias レコードが存在します。

例:
example.com A Alias elbdnsname.elb-00000000000.example.com

ただし alias は Route 53 で登録されたホスト以外のレコードは指定できません。

【超重要】本ページは2018/05/24に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。