[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:IP アドレス

パブリックサブネットに配置したEC2インスタンスにパブリックIPがアサインされない





疑問


パブリックサブネットにEC2インスタンスを配置するとパブリックIPが自動で割り当てられてインターネット経由でアクセス可能となります。これはElastec IPのように固定化はできないですが、無料で使用できるため接続には便利です。(ただしEBSベースのEC2でインスタンス停止、起動を実行すると変更になってします。)

ただプライベートアドレスのみアサインされてパブリックアドレスがアサインされない場合あります。何が原因なのでしょうか。


答え


パブリックIPがアサインされない理由は以下のような原因が考えられます。

(1)
EC2作成時に「Auto-assign Public IP」が指定されたサブネットに所属する必要あります。(おそらく)
EC2作成時に「自動割り当てパブリックIP」で「サブネット設定を使用(有効)」を選択しましたが、そのときはサブネットは「Auto-assign Public IP」が有効になっていませんでした。
後でサブネットの設定を「有効」に変更してもEC2インスタンスにはパブリックIPはアサインされませんでした。

(2)
サブネットの設定で"自動割り当てパブリック IP"でデフォルトの「いいえ」から「はい」に変更。デフォルトVPCのサブネットはデフォルトで「はい」であるため、ここにインスタンスを配置した
場合は外部からアクセスが可能でした。

(3)
VPCの設定で
「DNS 解決」が「はい」であることを確認。
「DNS ホスト名」が「はい」であることを確認。

【超重要】本ページは2018/05/27に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。