[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:cli

【AWS】cli のキーの登録による環境設定方法





cli のキーの登録による環境設定方法を紹介します。

cli環境を使用するには「AWS Access Key ID 」と「AWS Secret Access Key」が必要です。これらはIAMユーザを以下のオプションで作成することにより生成されます。

「プログラムによるアクセス AWS API、CLI、SDK などの開発ツールの アクセスキー ID と シークレットアクセスキー を有効にします。 」


AWS(クラウド側)には保存されずユーザ作成時に一度だけ表示されるので注意してください。後から確認は出来ません。

以下に示すユーザーを正常に作成しました。
ユーザーのセキュリティ認証情報を確認してダウンロードできます。AWS マネジメントコンソールへのサインイン手順を E メールでユーザーに送信することもできます。
今回が、これらの認証情報をダウンロードできる最後の機会です。
ただし、新しい認証情報はいつでも作成できます。



以下はWindowsの例です。

C:\>aws configure
AWS Access Key ID [None]: ********************
AWS Secret Access Key [None]: ****************************************
Default region name [None]:
Default output format [None]:



基本的にはこれで使用可能となります。以下は s3 バケットからファイルをダウンロードするサンプルです。


C:\>aws s3 cp s3://<バケット名>/test.txt c:\temp



【超重要】本ページは2018/06/20に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。