[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:インスタンス

"aws EC2 wait" による処理待ちステータスの一覧





問題


"aws EC2 wait" コマンドによる処理待ちステータス一覧を紹介します。

基本的に AWS の API は振り逃げであるため、コマンドを投入すると処理がすぐに戻る。よって順に処理を行う場合や正常終了を確認するには処理が終わるまで待つしかありません。
待つには describeInstances をループする方法などが考えられるが処理が複雑になります。

そこで 便利なコマンドが "aws EC2 wait" です。これで指定したステータスに変更されるまで待つことができます。。ただしタイムアウトが指定できないようです。ただし Linux系なら別途 timeout コマンドと連携すればよいようです。

以下は一覧のリストです。

bundle-task-complete
conversion-task-cancelled
conversion-task-completed
conversion-task-deleted
customer-gateway-available
export-task-cancelled
export-task-completed
image-available
image-exists
instance-exists
instance-running
instance-status-ok
instance-stopped
instance-terminated
key-pair-exists
nat-gateway-available
network-interface-available
password-data-available
snapshot-completed
spot-instance-request-fulfilled
subnet-available
system-status-ok
volume-available
volume-deleted
volume-in-use
vpc-available
vpc-exists
vpc-peering-connection-deleted
vpc-peering-connection-exists
vpn-connection-available
vpn-connection-deleted

参考:
https://docs.aws.amazon.com/cli/latest/reference/ec2/wait/index.html#cli-aws-ec2-wait

【超重要】本ページは2019/08/03に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。