[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:インスタンス

うっかり EC2を削除したときのための対処





EC2は起動中でもコンソールより[アクション]→[インスタンスの状態]→[削除]で削除できてしまう。
インスタンスを削除するとEBSも削除されてしまう。

インスタンス起動中なら「起動中なので削除できません」のような傾向があってもよいのだが、無いまま削除される。
このような誤操作によりデータロストを防ぐために方法

(1)削除保護オプションを有効にする。メニューから削除を選んでも警告を表示し削除が実行されない。
(2)インスタンスに名前を付ける。デフォルトでは空欄なので間違えやすい。

【超重要】本ページは2019/08/03に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。