[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:シャットダウン

stop-instances --force でシャットダウンスクリプトは実行されるか





stop-instances と Windows シャットダウンスクリプトの関係


stop-instances コマンドによりインスタンスを停止させることが可能です。このコマンドには--forceオプションという強制停止オプションが存在します。
このオプションで停止処理を実行した場合、シャットダウンスクリプトは実行されるのでしょうか。
2019年に非Nitro基盤 + Windows Server 2016 で確認しました。

基本書式は以下の通りです。

aws ec2 stop-instances --instance-ids <instance_id>




force オプションとシャットダウンスクリプト


--force オプションを指定した場合、指定しない場合、共にWindowsシャットダウンスクリプトは呼ばれました。
--force で"シャットダウン処理を行わずに電源オフ"ということではなさそうです。


シャットダウンスクリプトのタイムアウト値は注意




ただし注意が必要です。実験では以下バッチファイルを仕込みました。


:loop
goto loop



永久ループです。通常ならシャットダウンスクリプトのタイムアウト値である10分後に強制終了されるはずです。
しかし実験結果は約2分でシャットダウン処理が実行されました。(--force オプションある場合、無い場合共に)

よって stop-instances は10分のタイムアウトをまたずして強制的に停止させるようです。

【超重要】本ページは2019/11/28に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。