[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:インスタンス

インスタンスのシャットダウンはOSコマンドを使用すべき理由





インスタンスのシャットダウン方式


Windowsインスタンスを停止(シャットダウン)する場合 AWSのAPI "aws ec2 stop-instances" やマネージメントコンソールから "停止"を実行する場合は注意が必要です。

APIを発行してから数分でインスタンスが強制停止されるようです。もしインスタンスがWindows Updateの更新やシャットダウンスクリプトにより処理を行っている場合、処理が長引くと中途半端にパワーオフされてしまう場合があるようです。

恐らくインスタンス終了(削除)の"aws ec2 terminate-instances"も同じと思われるます。

AWS API シャットダウンによるトラブル



インスタンスの正しいシャットダウン処理


Windowsインスタンスの正しいシャットダウン処理は、インスタンスにログインした後 shutdown.exe などのコマンドをコールすべきです。

【超重要】本ページは2020/01/09に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。