[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:S3

S3 で保存するデータの種類ごとに信頼性を変える方法





疑問


S3 ストレージに保管するデータで種類ごとに信頼度を変える方法の紹介。

答え


例えばファイルをイメージ変換する場合、元ファイルのイメージはロストしてはいけないが変換後のイメージはロストしても問題ないとする。
(再度生成すればよいから)
その場合、変換後はコストの安いストレージ(低冗長化ストレージ 、RRS )に入れるとよい。


参考:
https://aws.amazon.com/jp/s3/faqs/


S3 標準ストレージクラスは 99.99% のアベイラビリティー、
S3 標準-IA ストレージクラスは 99.9% のアベイラビリティー、
S3 1 ゾーン-IA ストレージクラスは 99% のアベイラビリティー

【超重要】本ページは2018/05/26に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。