[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:事例

予測できないトラフィックでデータベースの書き込み要求をドロップしない仕組み





WebサーバとDBサーバの2層でDBサーバへは要求により書き込みを行うシステムがあるとする。
Webトラフィックは予想できないが、書き込みは失敗させたくない。

そのような場合は間にSQSを挟むとよい。自動で拡張するため、SQSに書き込み要求を保存して
最低一度は処理を行う。RDSやDynamo DBのみでは予測不能なトラフィックには対応できない。


https://aws.amazon.com/jp/sqs/faqs/


Q: Amazon SQS では、メッセージが配信されることは保証されますか?

標準キューでは 1 回以上の配信が行われます。これは、各メッセージは少なくとも 1 回配信されることを意味します。




Amazon SQS では、管理オーバーヘッドが発生せず、必要な設定もわずかです。Amazon SQS は、毎日数十億件のメッセージを処理する巨大な規模で有効に機能します。Amazon SQS に送信されるトラフィック量の拡張や縮小にも、設定は必要ありません。

【超重要】本ページは2018/06/23に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。