[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:戻り値操作

Powershellの戻り値で特定のプロパティを取得し、前後の空白を削除する





Powershellの戻り値で特定のプロパティを取得し、前後の空白を削除するサンプルの紹介です。

以下を実行します。

(1)FT で特定のプロパティを取り出し
(2)-HideTableHeader でヘッダーを非表示

これだけでは前後に空の行が残るので| Out-String -Stream | ?{$_ -ne ""} で空の行を削除します。


$HostName = Resolve-DnsName 10.10.10.1 | FT NameHost -HideTableHeader | Out-String -Stream | ?{$_ -ne ""}

(Get-EC2Instance).Instances | FT InstanceId -HideTableHeader | Out-String -Stream | ?{$_ -ne ""}



(*)Select-Object でも可能ですが、ヘッダーの非表示オプションが存在しませんでした。


以下のように変数に代入することも可能です。


$IDS=(Get-EC2Instance).Instances | FT InstanceId -HideTableHeader | Out-String -Stream | ?{$_ -ne ""}



以下のような記述も可能です。


$IDS=(Get-EC2Instance).Instances | Select -ExpandProperty InstanceId


【超重要】本ページは2019/06/05に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。