[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:フリートマネージャ

フリートマネージャーでファイル転送は可能か | テキストファイルを送り込んだりダウンロードする




フリートマネージャでファイル転送は可能か


フリートマネージャーはAWS Systems Manager で使用できる、AWS インスタンスにGUIで接続できる機能です。
Windows サーバに対してはブラウザ上からRDPとして接続することが可能です。

しかし通常のRDPではファイルを送受信することが可能なのでしょうか。特にインスタンスがプライベートサブネットに存在する場合はどのようになるのかは疑問です。
2022年5月現在で調査してみました。

フリートマネージャーには「ファイルマネージャ」という機能がありました。
これはインスタンス上でファイルをコピーしたりテキストファイルを表示したりフォルダを作成する機能でした。残念ながらローカルとのファイル転送はできそうにありませんでした。


テキストファイルはなんとか送受信できる


フリートマネージャーでブラウザ上のよりRDPした場合、テキストファイルのローカルとのコピペは可能でした。

これを利用すればクリップボードにテキストをコピーしてRDPによりリモート側でテキストファイルを新規作成しペーストすれば結果としてテキストファイルを送り込むことが可能です。
逆のことも可能です。

フリートマネージャーでファイル転送



セッションマネージャー




もしインスタンスがパブリックサブネットに存在するならSystems Manager のセッションマネージャーでファイル転送が可能かもしれません。

【超重要】本ページは2022/06/05に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。