[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:DNS

aws 上の AD(Active Directory)環境での DNS 設定





AWS で AD 環境を構築する


AWS 上で Active Directory 環境を構築しました。Windows インスタンスにドメインコントローラを構築しています。
DNSはAWS から提供される Amazon Provided DNS (VPC ネットワークアドレス +2) ではなく、AD 環境で構築した Windows DNS サーバを利用します。
Windows クライアントはこの Windows DNS サーバを参照します。


AWS 上で構築したDNS (AD統合)の名前解決順番


この場合、DNSサーバは以下の順で名前解決を行います。

(1)DNS内のレコード
(2)名前付きフォワーダー
(3)フォワーダー
(4)ルートヒント

amazonaws.com などは(2)や(3)のフォワーダーでAmazon Provided DNSへフォワードして解決するとよいでしょう。

【超重要】本ページは2019/07/26に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。