[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:スポットインスタンス

スポットインスタンスを使用する場合に注意すること





疑問


インスタンス購入オプションには「オンデマンドインスタンス」「リザーブドインスタンス」「スポットインスタンス」の3種類があります。
「スポットインスタンス」を使用する場合に注意することはありますか。

答え


コストを最優先したい場合はスポットインスタンスがよいと思います。ただし入札に失敗した場合は強制終了されてしまいます。
システムはこれを想定した仕組みにする必要があります。以下のような考慮が必要です。

・インスタンス障害から復帰できる仕組み。処理が完全に終了するまでキューにデータが残るなど。
データ処理中にインスタンスが終了しても、再度起動したときにキューが残っており最初から処理が可能など。

・スケジュール的に余裕がある仕組み。入札に失敗して処理が遅れても問題ない業務。

【超重要】本ページは2018/05/25に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。




[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。