[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:Powershell

AWS tools for Powershellのセットアップ方法と注意事項





【更新履歴】
2019/3/19
・-StoreAs のスペル誤りを修正。
・リージョンの指定方法を追記


AWS tools for Powershellのセットアップ方法を紹介します。

(1)以下よりダウンロードします。
https://aws.amazon.com/jp/powershell/

(2)ダウンロードしたプログラム(例:AWSToolsAndSDKForNet_sdk-3.3.351.0_ps-3.3.343.0_tk-1.14.4.1.msi)を実行する。指示に従いインストールする。

(3)powershell 環境から以下を実行して読み込みを行う。(デフォルトのパスにインストールした場合)


Import-Module "C:\Program Files (x86)\AWS Tools\PowerShell\AWSPowerShell\AWSPowerShell.psd1"



(*)32bit OS の場合は Import-Module "C:\Program Files\AWS Tools\PowerShell\AWSPowerShell\AWSPowerShell.psd1"

(4)クレデンシャルを設定する


Set-AWSCredentials -AccessKey <アクセスキー> -SecretKey <シークレットアクセスキー> -StoreAs <プロファイル名>



-StoreAs オプションを指定しない場合はおそらく一時的な利用となる。

作成したプロファイルを読み込む。読み込まないと有効化されない。(-StoreAs オプションが無い場合は読み込み不要)

Set-AWSCredentials -ProfileName <プロファイル名>




ドキュメントには<プロファイル名>を"default"に指定すると共有のクレデンシャルに保存されると記載があったが、2018/08時点での実験結果ではうまく保存されなかった。(sdk のクレデンシャルに "default"という名前で保存されてしまった。

(*1)自動的に共有のクレデンシャル(CLIで設定)は読み込まれなかった。
読み込ませるコマンドは "Set-AWSCredentials -ProfileName default"

(*2)ただし以下のファイルが存在するとこちらを優先するためか、共有のクレデンシャルファイルは読み込まれなかった。
%USERPROFILE%\AppData\Local\AWSToolkit\RegisteredAccounts.json


リージョンの設定を行うコマンドは以下のとおり(東京リージョンの場合)。ただしセッションが終了すると消えてしまう。

Set-DefaultAWSRegion -Region ap-northeast-1



あるいはコマンドごとに -Region ap-northeast-1 を付ける。

(5)
以下でコマンドレットの一覧の確認が可能。


Get-AWSCmdletName | Export-CSV -f c:\temp\AWS-Command-let-list.csv




【超重要】本ページは2019/03/20に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。