[トップページ] [FAQ 一覧]

対象:その他

Amazon リソースネーム (ARN) 書式の覚え方





Amazon リソースネーム (ARN) 書式の覚え方


<書式>
arn:partition:service:region:account-id:resource
arn:partition:service:region:account-id:resourcetype/resource
arn:partition:service:region:account-id:resourcetype:resource

apsrar(アプスラル)

例:
(1)s3
arn:aws:s3:::<バケット名>

(2)kmsキー
arn:aws:kms:<リージョン名>:<アカウントID>:key/<ID>


・partition
リソースが置かれているパーティション。通常のリージョンの場合はaws。

・service
AWS サービスを識別するサービス名前空間。「AWS サービスの名前空間」を参照。
autoscaling、s3、cloudformation、kms、cloudfront、cloudtrail、cloudwatch
dynamodb、elasticbeanstalk、elasticfilesystem、elasticloadbalancing、elasticache、glacier、
iam、iot、firehose、lambda、machinelearning、redshift、route53、ses、sns、sqs、swf、storagegateway、trustedadvisor、waf

など。

・region
リージョン名。リージョン情報が不要な場合は省略される。

・account-id
アカウントID。調べ方はこちら。

・resource
各AWSサービス、リソース固有。

【超重要】本ページは2018/06/23に記載されました。情報が古くなっている可能性があります。








[ 一覧に戻る]


【注意事項】本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。