[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Route53 の主な振り分け方法の違いを比較表で簡単説明]

Route53 の主な振り分け方法の違いを比較表で簡単説明




Route 53 における振り分け方法の違いに関して説明します。Route 53とは DNS(Domain Name Server)サービスです。主にブラウザや モバイルアプリからホスト名解決の要求が来た場合に IP アドレスを返します。

Route53の負荷分散方式



例えば日本から動画配信サーバに接続する場合は、DNSが日本の地球の反対のブラジルに設置されたサーバのIPアドレスを返されると、レイテンシー(応答時間)が遅くなります。日本からアクセスする場合は日本、少なくともアジアに設定されたIPアドレスを返すべきです。

その他「どのサーバのIPアドレスを返すのか」の方式として「順番」「レイテンシーベース」「地理的な位置から」「すべて返す」などの方式があります。このページではこれらの方式の違いに関して説明します。

その他「シンプルルーティングポリシー」とう方式があります。これは単一のレコードのみ返す場合です。

参考:ルーティングポリシーの選択https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/Route53/latest/DeveloperGuide/routing-policy.html
比較は以下の表の通りとなります。

比較表加重ラウンドロビンレイテンシベースルーティング位置情報ルーティング(geolocation)地理的近接性ルーティングポリシー ヘルスチェックとフェイルオーバー複数値回答ルーティング
概要レコードごとに重みづけ。応答する比率が変わる。

複数の AWS リージョンにリソースがある場合にクライアントへの延滞を小さくする。レイテンシーの測定値に基づくため、日によって変わる可能性あり。

クライアントのIPアドレスより接続地域を特定し、地理的に近い場所のレコードを返す。
クライアント、およびリソースの両方の地理的状況からリソースを返す。
レコードとしている機器が停止している場合には振り分けを行わない。さらにフェールオーバ先の設定が多な割れている場合はフェールオーバ先を返す。
正常稼働中の複数のレコードを返す。




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。