[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [AWS OpsWorks と AWS Elastic Beanstalkの違い]

AWS OpsWorks と AWS Elastic Beanstalkの違い


似たような機能である"AWS OpsWorks" と "AWS Elastic Beanstalk" の違いに関して説明します。 比較は以下の表の通りとなります。

比較表AWS OpsWorksAWS Elastic Beanstalk
一言で言うとスタック管理アプリケーション管理
特徴・高度な管理が可能。
・Chefを利用してソフトウェアの設定、パッケージのインストール、データベースのセットアップ、サーバーのスケーリング、コードのデプロイなどが自動化される。
・Java、.NET、PHP、Node.js、Python、Ruby、Go、Docker など言語で開発されたアプリのデプロイに向いている。
・コードをアップロードすると自動でデプロイされる。
・その他キャパシティ、ロードバランシング、モニタリングは自動でデプロイされるため、利用者は構築する必要がない。
どんな人向け・高度なカスタマイズを行いたい人
・Chefレシピなどで構築したい人。
・プログラムだけでアプリケーションを構築したい人
・インフラ構築をおまかせしたい人

関連リンク:
AWS CloudFormation と AWS OpsWorksの違い



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。