[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [AWS におけるインスタンスタイプの違い]

AWS におけるインスタンスタイプの違い


このページでは AWS におけるインスタンスタイプの違いに関して説明します。インスタンスタイプの頭文字の t、mなどの後の数字は世代を表します。。大きいほど新しい世代となります。

複数の世代が選択可能な場合は特に理由がない限り最新世代を選ぶようです。
比較は以下の表の通りとなります。

説明T2M5C5R4X1D2H1I3F1G3P3
概要汎用タイプ
CPUのバースト機能あり
最新世代の汎用。5世代目。


・コンピューティングが最も最適化
・デフォルトで"EBS最適化"
メモリ最適化メモリ最適化高密度ストレージ用インスタンス
大容量のHDDインスタンスストレージ
ストレージ最適化インスタンス低レイテンシー
超高ランダム I/O パフォーマンス
高シーケンシャル読み込みスループット

NVMe 対応 SSD ベースのインスタンスストレージ
FPGA を搭載したコンピューティングインスタンス最新世代の Amazon EC2 GPU グラフィックインスタンス・最新世代の NVIDIA Tesla V100 GPU を最大 8 個利用

・機械学習 (ML)、HPC、データ圧縮、暗号化など
VPCのみ
EBSのみ
可能な
インスタンスストア
----SSDHDDHDDNVMeNVMe--
拡張ネットワーク×ENAENAENAENAIntel 82599 VFENAENAENAENAENA




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。