[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [EBS(Elastic Block Storage) タイプの違い]

EBS(Elastic Block Storage) タイプの違い


このページでは EBS(Elastic Block Storage)のタイプの違いに関して説明します。
比較は以下の表の通りとなります。

説明General Purpose SSDProvisioned IOPS SSDMagnetic
速度
どのような場合
一般
高いストレージIOが要求されるシステム。
主にデータベース。
IOがほとんど発生しないシステム。(例えばネットワークのG/Wサーバのようなもの)。コスト重視。
注意事項-EBS はネットワーク経由で接続されているため、ネットワークがボトルネックになると IOPS も意味がなくなる。よってネットワークで専用の帯域を確保する"EBS 最適化インスタンス"オプションを選択する。
-

関連リンク:
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは
EBS と インスタンスストアの違い
Amazon EBS-BackedとInstance Store-Backedの違い
AWS のストレージサービスの違いに関して | EFS,EBS,S3,Amazon Glacier
AWS のややこしい EBS ボリュームタイプの違いを整理する



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。