[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [EC2 における Public IP と Elastic IPの違いに関して]

EC2 における Public IP と Elastic IPの違いに関して


このページでは EC2における外部アドレスであるPublic IPとElastic IPの違いに関して説明します。

EC2は外部(主にインターネット上)と通信する場合、外部アドレスが必要となります。例えばEC2をSSHサーバとして構築する場合、インターネット上の SSH クライアントはこのIPアドレスに向けてアクセスします。(ただし ELB やProxy経由でアクセスする場合はその限りではありません。)この場合、使用するIPアドレスは2通りあります。この違いに関して説明します。

EC2に割り当てるため Elastic IP をアサインする


比較は以下の表の通りとなります。

説明Public IPElastic IP
概要・インスタンス起動時に自動的に割り当てられるグローバルIPアドレス。
外部から public DNSに ping して確認が可能。VPC内で変換されるため、インスタンス内ではグローバルIPアドレスは確認できない。(プライベートアドレスのみ)
・インスタンス停止→起動で変わってしまう。
固定のグローバルIPアドレス。

デタッチするまで固定される。オンプレミス側とインターネット経由で接続する場合、Firewallで通信先を固定する場合などはAWS側のグローバルIPが変更になると運用上問題となる場合がある。そのような場合に使用する。

参考まで、パブリックサブネット上のEC2サーバは ifconfig や ipconfig で自分のアドレスを知ることはできません。なぜなら SDN (Software-Defined Network) により仮想的なネットワーク上で稼働しているためです。そのため、自分の IP アドレスを知るには meta 情報を使用します。

参考:
EC2 インスタンスの OS から Public IPや Elastic IPは確認可能か

関連リンク:
EC2のオンデマンド、リサーブド、スポットの違い
AWS EC2 T2 と T3 の Unlimited と Standard の違い



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。