[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [AWS のややこしい EBS ボリュームタイプの違いを整理する]

AWS のややこしい EBS ボリュームタイプの違いを整理する


複数の選択肢がある EBS のタイプの違いに関して比較表で説明します。タイプが複数ありますが整理すると用途が見えてきます。

スループットは以下で制限されます。
・ボリュームのスループット制限
・インスタンスのスループット制限

よってボリュームが高性能でもインスタンスのネットワークI/Oにより制限される可能性あます。回避するために EBS最適化インスタンスを使用します。

参考:Amazon EBS ボリュームの種類

【2019/4/3更新】比較表に一部誤りがあり修正

比較は以下の表の通りとなります。

説明プロビジョンド IOPS SSD汎用 SSD スループット最適化 HDDCold HDD
タイプSSDSSDHDDHDD
API名io1gp2st1sc1
IOPS(*1)最高高い低い低い
ブートボリュームとして使用可能可能不可不可
コスト
概要・ミッションクリティカルな高スループット
・特にデータベース用のストレージとして使用。
・ボリューム作成時にIOPSを指定。
・一般的な使用。
・マネージメントコンソールから作成する場合のデフォルト。
・アクセスの頻度が高い
・低コストで大量データを安定したスループットで。
・I/O のサイズが大きくかつシーケンシャルアクセス。
・ログ、ビッグデータなど。サイズが小さいアクセスはgp2を使うべき。
・アクセス頻度低い
・大量データ
・I/O のサイズが大きくかつシーケンシャルアクセス。サイズが小さいアクセスはgp2を使うべき。
性能に関する考慮
・IOPSがベース。
・I/O クレジットバランスを使い果たした場合は"ベースライン IOPS "となり性能が劣化するため注意。(*2)
・頻繁I/Oクレジットが空になる場合は、サイズを大きくするか、io1に変更することを検討する。
・クレジットがある間はバーストスループットでアクセス可能だが、クレジットを使い果たすとベースラインの性能となる。
(*2)
・クレジットがある間はバーストスループットでアクセス可能だが、クレジットを使い果たすとベースラインの性能となる。
(*2)
どんなとき本番環境で性能にシビア、性能低下が許されない、データベース系などはこれを使う。ブートボリュームは普通はこれを使う。あるいはテストや開発など。ログやビッグデータなど大きいファイル。アクセスもシーケンシャル(ランダムアクセスではない)コストを重視。めったに使わない場合はこれ。Glacier に出す前など。

(*1)SSDは磁気ヘッドに移動などがないため高いIOPSとなります。
(*2)他の資料で「Max性能」と表示されていますが、クレジットを使用した場合なので注意してください。クレジットがなくなると性能はでなくなります。

・最大の I/O サイズは、SSD ボリュームで 256 KiB、HDD ボリュームで 1,024 KiB。物理的に連続している場合、最大サイズになるまで単一の I/O にマージして処理されます。

・その他マグネティックがあるが旧世代のストレージであり推奨されていません。

・具体的な数字は以下を確認してください。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/EBSVolumeTypes.html

関連リンク:
「ボリューム(EBS)」、「スナップショット」、「AMI(Amazon Machine Image)」の違いとは
EBS と インスタンスストアの違い
Amazon EBS-BackedとInstance Store-Backedの違い
AWS のストレージサービスの違いに関して | EFS,EBS,S3,Amazon Glacier
EBS(Elastic Block Storage) タイプの違い



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。