[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [CloudWatch サービスの違い | CloudWatch, CloudWatch Logs, CloudWatch Events]

CloudWatch サービスの違い | CloudWatch, CloudWatch Logs, CloudWatch Events


このページでは CloudWatch 関連サービスの違いに関して説明します。CloudWatch は AWS における監視やログの仕組みです。マネージメントサービスであり簡単に設定し、すぐに使いだすことができます。もしオンプレミスならOSをインストールしたり、Zabbixのような監視アプリケーションをインストールしたりかなりの労力となります。これらの労力を省いてすぐに使いだすことができるのがCloudWatchのメリットです。EC2インスタンスと親和性もよく、また物理サーバやVMなども監視することが可能です。
参考:
AWS CloudWatch による監視方式の検討
AWSにおけるオンプレサーバとEC2インスタンスのSysmte Managerに関する違い
比較は以下の表の通りとなります。

比較表CloudWatchCloudWatch LogsCloudWatch Events
概要主にリソースを監視、検知、通報ログ保管イベントを検知し、動作を行う
詳細s・リソースを監視
・課金条件を監視
・ダッシュボード管理
・事前に指定した閾値を超えた場合に「SMSへの通報」「AutoScaling連携」「インスタンスの動作(停止、再起動など)」などが可能。



CloudWatch Agent 経緯でログを取得。OSのシステムログ以下のテキストログも可能。CloudWatch側のストレージに保管。フィルタにより指定した形式のログのみ取得することも可能。
(1)以下のいづれかの方法で
・リソースの変化を検知して通知。【イベントパターン】
・Linux のCron 形式で日次を指定して実行。【スケジュール】

(2)リソースの変化の例は以下とおり
・API コール
・AWS コンソールへのサインイン
・EC2の状態が変化した
・SSM で"ランコマンド"や"メンテナスウィンドウ"が実行された
・EBS スナップショット取得など
多数

(3)以下のような動作を行う。
・Lambda
・SQS
・SNS
・SSM ランコマンド
・SSM オートメーション

関連リンク:
CloudWatch のメトリックである「標準メトリックス」と「カスタムメトリックス」の違い
AWS Config Rules と AWS Cloudwatch Events の違い
オンプレミスの監視システムと AWS CloudWatch の比較



AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。