[ホーム][AWS まぎわらしい用語一覧] > [Application Load Balancer, Network Load Balancer, ClassicLoadBalabcerの違いに関して]

Application Load Balancer, Network Load Balancer, ClassicLoadBalabcerの違いに関して


このページでは AWS のロードバランサーである Application Load Balancer, Network Load Balancer, Classic Load Balabcerの違いに関して説明します。

ALBやCLBは「リバースプロキシー」的な使い方でしたが、NLB はより物理的なLBの機能に近くなっています、大きな違いは ALBはCLBは行きも帰りもLBを経由しますが、NLBは帰りはLBを経由しない点、及びNLBはIPを固定化することが可能な点です。
比較は以下の表の通りとなります。

比較表Application Load BalancerNetwork Load BalancerClassic Load Balabcer
対象VPCVPCVPC, EC2-Classic
特徴行きも帰りも LB を経由する。
行きはLBを経由するが帰りは経由しない。その分だけ他のLBより性能が良い。宛先IPは対象サービス(EC2など)のIPに書き換えらえれる。よってクライアントへの戻りの経路を確保する必要あり。

行きも帰りも LB を経由する。
プロトコルHTTP, HTTPSTCPSSL, TCP, HTTP, HTTPS
Elastic IPアドレスの割り当て-可能-
固定アドレスの割り当て-可能-
Route 53でのレコード主に Alias レコード (A レコードは不可)A レコード可能。主に Alias レコード (A レコードは不可)
セキュリティグループでの制御-
基本機能(ヘルスチェック,CloudWatchメトリックス,ログ,AZ フェイルオーバ,Connection Draining)
Web Sockets-
クロスゾーンロードバランシング-
SSL オフローディング-
スティッキーセッション-
バックエンドサーバの暗号化-




AWS まぎわらしい用語一覧へ戻る


本ページの内容は個人的に調査した結果がであり内容が正しいことは保証されません。
またAWSサービスは常に改良、アップデートされており本ページの内容が古く誤った内容になる可能性もあります。変更になっても本ページが正しく更新されるとは限りません。
あくまでも参考程度でご覧ください。内容により発生したいかなる時間的損害、金銭的損害、その他の損害に関しても何人も保証しません。