[AWS 用語集 トップへ]

エンドポイントとは

正式名称:endpoint port



エンドポイント

古い時代のAWSではVPCからS3などのAWSサービスにアクセスするには一度インターネットに出てからアクセスする必要がありました。
しかしセキュリティ上、インターネット経由の通路を使用したくない。そんな場合にエンドポイントを使用する。
以下の特徴あり。

・VPC の中に作成
・AWSサービスにアクセスするのみインターネット接続、NAT , VPN , Direct Connect などを必要としない。
・パブリックIPアドレスを必要としない。
・通信はAWS ネットワーク内。
・水平にスケールされ帯域の制限はなし。
・可用性あり。
・"インターフェイスエンドポイント"と"ゲートウェイエンドポイント"の2種類あり。使用するAWSサービスにより異なる。


[ゲートウェイエンドポイント]
・ルートテーブルを書き換えてインターネット経由ではなくVPCエンドポイント経由でサービスへアクセス。
・S3、DynamoDBなど


[インターフェイスエンドポイント]
・ENIをPrivateLinkでエンドポイントと接続しアクセス
・その他多数







[AWS 用語集 トップへ]


本サイト内を内容は使用・複製・転載するこはできません。記載されている内容は、著作権法により保護されています。
内容の正確性は保証されません。本内容によって発生したいかなる損失、損害は何人も保証しません。自己責任で使用お願いします。