[AWS 用語集 トップへ]

Amazon Lightsailとは




Amazon Lightsail とはAWSサービスの一つでとても簡単に起動して管理できる仮想サーバのこと。DNSやストレージを内蔵している。EC2インスタンスよりさらに簡単に起動できる。(数クリックで可能)
本番機としてではなく、手軽に構築できる開発、テストサーバという用途が多いと思われる。開発環境のメニューがありWordPressなどのアプリケーション環境を簡単に構築することが可能。

以下は2016年現在での調査事項です。おそらく改良されていくでしょう。詳細は公式ページで確認してください。

・月額 0.5$からの低料金。
・サーバ転送料金やディスク使用料金も初期費用に含まれているため、EC2と比較してコストの計算がやりやすい。ただしスナップショットは別料金。
・指定したVPCしか使用できない。VPCをカスタマイズできない。
・ネットワークセキュリティはソースIPを限定できない。(Firewallとの記載あり。EC2などのセキュリティグループとは別物)
・AWS 管理コンソールから SSH 接続が可能。(ブラウザベース)パスワードではなく秘密鍵認証に切り替え可能かは調査中。
・DNS サーバ機能が含まれる。
・固定IPアドレスがアサインされている。
・CloudWatch や Cloudtrail と連携不可。
・VPC peering で他の EC2との連携が可能。
・スケールアウトは、スナップショットから AMI を登録しリソースを増やすことで実現。






[AWS 用語集 トップへ]


本サイト内を内容は使用・複製・転載するこはできません。記載されている内容は、著作権法により保護されています。
内容の正確性は保証されません。本内容によって発生したいかなる損失、損害は何人も保証しません。自己責任で使用お願いします。